御降誕の法話 (2012年)

1. サンガ[1]の皆さん、 慈愛に従う皆さん、今の時代は祭典のための時だけでなく、真実の道に従っていきとし生けるものに自由と解放を分け与え、ダルマ [2]の法を広め、ダルマ、平和、理解、慈愛の心を世界に確立する時です。 2. 真実の師 [4] のタトヴァ[3] (本質) が理解されなければ、真実の道に従う全課程を全うするのは難しい事です

大三菩提ダルマ・サンガ飲食をとる

2012年4月11日午後1時半(ネパール暦2068年チャイト月29日 )、大三菩提ダルマ・サンガ は、ハルコーリアに集まったサンガや帰依者のグループ、海外の客人が見守る中、ご自分に近いアシスタントであるブッダの手から食べ物と飲み物をとられました。 ボディ・シュラヴァン・ダルマ・サンガ ネパール国バラ地区ハルコーリア

2012年3月26日、世界の愛と平和の儀、終了の法話

サンガ [1] のみなさん、ダルマ [2] の規律を守り、世界の愛と平和の儀式 [3] に集まり、世界に一体性を示し、ダルマの力の前線の内で、いきとし生けるものが一体となり、過去・現在・未来の幻や障害すべてに打ち勝つのです。 真のダルマの道に従い、完全なる悟りに到達し、世界の平和と慈愛の心の理解し

世界平和弥勒祈願の儀はじまりの法話

ダルマ・サンガ ナモ・ボディ・シュラヴァン・グル・ダルマ・サンガヤ (英知を聴く法のサンガに帰依いたします) ナモ・マイトリー・サルヴァ・ダルマ・サンガヤ (慈愛をもつすべての法のサンガに帰依いたします) 1. 最も清らかなる道を求めるため、真のダルマ [1] の道に従ってきたいくつもの時代を経て

大三菩提ダルマ・サンガのメッセージ 2012年1月28日

1. グルは従事しているサンガ、役員及びボディ・シュラヴァン・ダルマ・サンガを信奉す る者たちすべてを受け入れ、この真実とダルマとグル・マルガ(師の道)[1] の修行を拠り所とし、時が非常に迫っている事を理解し、このメッセージを今日この日、帰依者全員に伝えます。 2. まず、サンガは真実、ダルマ

Thanks! Your translation has been sent.
Error occured sending translation. Probably this translation has already been submitted.